なぜサロンに行く前に毛の構造を知る必要があるの?

今、永久脱毛が女性たちから注目を集めています。

 

面倒な毎日のムダ毛処理がしなくってもすむと話題沸騰の美容術です。

 

でも、注目を集めている光脱毛ですが以前にみなさまはその体に生えている毛の仕組みや成り立ちがどうなっているかわかっていますか?

 

脱毛サロンを選ぶうえで、最初に体毛についての知識をわかっているということはすごく大切です。

 

体毛の事を理解しているかどうかで脱毛しにサロンに行った時も知っておきたいことを聞くことができます。

 

といってもその仕組みをわかってサロンを選んでいらっしゃる方は案外いらっしゃらないのでは。

 

そのようなわけでこの度は私たちに生えている毛がどんなものなのか話します。

 

 

毛根のパーツについて

とりあえず体毛がどのような仕組みをもっているかまとめてみました。

 

今ページを読んでいるあなたに毛は表皮の部分からとこのことを「毛幹」肌から奥深くにあるところを「毛根」と呼称します。

 

また、ムダ毛の根元、毛根部にあるふくらんでいるところをパーツを「毛球」と呼んでいます。

 

この先っぽに「毛乳頭」って呼ばれるところがあります。

 

さらにその下この部分にはほそーい血管があって栄養分を吸収して体毛を伸ばすという役割を負っています。

 

そのため毛が長くなるには体毛の一番根っこ詳しく言うと一番奥に存在する毛球の先端の毛乳頭が最重要です。

 

だから剃刀などを使って毛幹の部分を剃ってしまってもこの毛乳頭の部分があると体毛は生えてきてしまいます。

 

さらに言ってしまうとこの毛乳頭は毛母細胞と呼称されるものが生み出しています。

 

というわけで抜毛して毛乳頭を抜いても毛母細胞というところがそのまま残っていると次の毛乳頭のパーツが作られてきてまた体毛が成長します。

 

 

毛のサイクルは?

私たちの体毛は伸びる、抜ける、ちょっと時間を置いてまた長くなるというように決まった周期で巡回しています。

 

体毛が伸びてるときは血管を伝って毛乳頭めがけて伸びるための養分が届けられてきて毛母細胞と呼ばれるところまで届きます。

 

そうなると、毛母細胞のパーツの細胞分裂がとっても頻繁におこって毛球が製造されるのです。

 

さらにはストップすることなく毛母細胞のところがこのペースで細胞分裂してきてこれが体毛となって目で見えるところにまで止まることなく伸びちゃうんだ。

 

今度は、その成長スピードは毛によって変わります。

 

頭髪は速く伸びて24時間で0.3〜0.4mmくらい長くなります。

 

ついでに言えばワキの部分に生えている毛も早くって24時間で0.3mmくらい成長します。

 

また、まつ毛や眉毛の伸びるスピードは24時間で0.18mmほどです。

 

以上説明したように纏めて毛と言えど伸びるスピードは全く違うのです。

 

 

毛周期について

さらに、前に行った「毛周期」を簡単にですが詳細を説明しましょう。

 

初めの所で毛は生えては抜け、成長を繰り返しているとご紹介しました。

 

掘り下げて言うと身体の毛は休憩・成長・退行と生え変わるための3種類の期間が存在するんだ。

 

休止期の毛は見えない皮膚の下に毛が出てくるための用意をする時期です。

 

成長期で成長するために必要な養分を得ながらどんどん長くなります。

 

退行期になるとムダ毛と毛乳頭の結合部分が弱くなり抜け落ちるといった期間です。

 

そのようなわけで伸びる期間にある体毛を取り去っても皮膚の下にあるわからないところに次に伸びるぞ!って毛が眠っています。

 

このような理由でがんばって毛を抜いても、周期がくるとスタンバイしていた毛が伸びちゃってくるんです。

 

そして、上で見えて確認できるのは全部の1/3くらいでしかです。

 

また、毛周期というのは夫々体毛がある体の部分でいろいろ異なります。

 

体の中で目立って抜け落ちるまでの周期が長くなっているのは頭髪で、伸びる期間が4年くらいあって退行期に突入すると特に何もしなくても抜けます。

 

もっと言うと詳しく言うと髪の毛は50本が1日で抜け落ちるとようです。

 

さらに言うと身体と顔で比べると顔にある毛の周期が短いのも特徴。

 

顔にあるほとんどの毛が2ヶ月程度ですが、身体部分の毛の毛の周期として3〜4カ月。

 

だから全身の毛を一緒に剃っても顔面の毛の方が先に長くなります。

 

 

体毛の種類と役割

ムダ毛と呼称されてますが、ムダって言われていてもきちんと目的があります。

 

その目的をまとめるね。私たちの体毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能以上のように役割が4つあります。

 

皮膚を保護する役目は物理接触から皮膚を保護する役割のことを指します。

 

すぐにわかるのは髪は頭部、腋毛は脇の摩擦から守ってくれてといったことです。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒い時は保温する、反対に日光からの光をシャットアウト機能を言います。

 

さらに、感覚機能です。

 

少しだけ体毛には触覚を感知機能があります。

 

抜毛してしまうと感覚がわずかに落ちるという報告もあるんです。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

体にある毛は太陽からの紫外線を守ってくれる目的もあります。

 

ご紹介したように、ふだんムダと言っていてもそれぞれ働きがあります。

 

 

まとめ

ここまで毛についてまとめてみました。

 

体の毛のことや仕組みをわかりましたか。

 

毛のことがわかれば、光脱毛の通う期間についても納得できます。

 

お店選びに役立つことますよ。

関連ページ

自己処理より脱毛サロンが選ばれる訳とは?
自己処理より脱毛サロンが選ばれる訳とは?最近流行りの脱毛、費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いのです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど脱毛サロンは自分で処理するより遥かにメリットが大きいです。脱毛をお考えの方は是非参考にしてください。
1回の施術で脱毛が終わらない訳とは?
1回の施術で脱毛が終わらない訳とは?主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能がサロンごとに違うからです。脱毛サロンが1回で施術が終わらない訳とは?詳細が分からない方は是非ご覧ください。